満ちた暮らしを希望の街で!

レストランでは冷製メニューを出し始める時期になりましたね。
初夏の風が半袖に心地よい季節となりました。

皆様いかがお過ごしですか?

さて今回は、住みたい街ランキングがスーモから発表され、
お住い探しの参考にしていただければと思いスーモ記事から
ピックアップしました。

リクルート住まいカンパニーでは、 関東圏(東京都・神奈川県・埼玉県・
千葉県・茨城県)に居住している20歳~49歳の3996人を対象に実施した
「みんなが選んだ住みたい街ランキング2017 関東版」を発表しました。

1位 吉祥寺
2位 恵比寿
3位 横浜
4位 目黒
5位 品川
6位 武蔵小杉
7位 池袋
8位 中目黒
9位 東京
10位 渋谷


2017年のランキングを見ていくと、新しい開発があったり、話題になることが

多かったりする街が、ランキングで上位に挙がる傾向が強いことがうかがえます。



品川
は、リニア中央新幹線など従来から話題はありましたが、昨年は品川駅

と田町駅の間の新駅(2020年に開業予定)が話題になったり、食の新スポット
が誕生するなどで注目を浴ました。
新駅の駅舎デザインが、オリンピックの核となる新国立競技場の設計と同じ
隈研吾氏の設計で、駅舎の完成予想図が公表されたり、新駅の名称がどうなるか
などが大きな話題を集めたことで、過去最高位の5位にランクアップしました。


中目黒
は、「Nakameguro青の洞窟」と名付けられたイルミネーションで目黒川の

魅力が再認識されたことなどで注目を集めた2015年でトップ10に入りましたが、
昨年は中目黒駅の高架下に新施設「中目黒高架下」がオープンして再び話題に
なったことが、トップ10に返り咲いた要因と考えられます。


渋谷
は、2020年に渋谷駅の駅ビルが地上46階建ての超高層にリニューアルするほか

駅周辺の4つの街区で再開発が進行中などで、街が様変わりすることが昨年たびたび
メディアに取り上げられた。こうした話題性と期待感から、初のトップ10入りを
果たしたと見てよいでしょう。



住まい探しはそれぞれにきっかけや理由があり、新しく始めたい暮らしのイメージ

があります。よく知っている街だけでなく、気づいていなかった街に希望する暮らし
の可能性があることは、住まい選びで忘れてほしくないポイントだと思います。